〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-3-8

048-833-0010
JR北浦和駅西口徒歩1分

埼玉県さいたま市浦和区にある泌尿器科と漢方のクリニック

HOMEクリニック紹介診療のご案内診療時間アクセス

病気のおはなし

HOME»  病気のおはなし一覧»  精液瘤(精液嚢腫) Spermatocele
問診票(初診時用)
クレジットカード

当院の治療にはクレジットカードでのお支払いが可能です。

精液瘤(精液嚢腫) Spermatocele

どんな病気か

精巣上体は精巣から精管まで精子を運ぶ細い1本の管が束なっている器官である。この精巣上体の細い管腔壁の一部が虚弱になって伸びて嚢状に膨らみ、精子の混入した液が充満して次第に腫大して大きくなった嚢胞です。20歳~50歳代にできますが、陰嚢の腫脹だけで痛みなどはありません。

 

※画像をクリックすると拡大表示されます。

精液瘤(精液嚢腫) Spermatocele

陰嚢に触れて偶然に発見されることがおおいのですが、大きくなると陰嚢が腫れて、精巣嚢腫(陰嚢水腫)との区別がむつかしくなります。陰嚢の後面から懐中電灯をあてると、精液瘤は内容が液体なので光を通します。針をさすと透明度の高い白色の液体がとれ、穿刺液を検査して精子が発見されれば診断がつきます。精液瘤は小さければ、穿刺だけでようすをみますが、大きい場合は手術して摘出します。

ページトップへ戻る