〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-3-8

048-833-0010
JR北浦和駅西口徒歩1分

埼玉県さいたま市浦和区にある泌尿器科と漢方のクリニック

HOMEクリニック紹介診療のご案内診療時間アクセス

病気のおはなし

HOME»  病気のおはなし一覧»  花粉症の漢方薬は10分で効果が出る!
問診票(初診時用)
クレジットカード

当院の治療にはクレジットカードでのお支払いが可能です。

花粉症の漢方薬は10分で効果が出る!

掲載 毎日新聞

 「石井クリニック」(埼玉・北浦和)の石井泰憲院長は、泌尿器科専門医であり、漢方専門医。そして、長年ひどい花粉症に悩んでいる〝お仲間〟だ。
「私には、花粉症の薬は眠気が強くて、飲むと仕事にならない。私の患者さんにも同じようなことを言う方が少なくない。〝何とかならんか〟と相談されたら、私が実践している方法を紹介しています」
 それは、「朝、花粉症の飛散量情報をチェックし、マズイと思ったら漢方薬の小青竜湯を飲む」という方法だ。
「経験から、服用後10~15分で効いてくる。1包服用し、効き目が弱ければさらに1包追加。昼も同じようにします。1日3包が保険適用の範囲ですが、1日6包までは副作用の心配はないでしょう。夕方以降は花粉の飛散量が減るので、症状が出なければ服用しなくていいです」(石井院長)
石井院長の考えは、「花粉症は今のところ対症療法しかないのだから、小青竜湯のように使える薬が一番合っているのではないか」。 私は今年、薬、運動、小青竜湯の三本柱で行く予定だ。これで万全――と信じたい。
ページトップへ戻る